ぼーる丸の部屋

イラスト情報系雑記ブログです!

ぼーる丸の部屋

【オカルト商品レビュー】7.83Hzでひらめき頻度アップ!?シューマン共振発生器を購入してみた!

f:id:ballmaru:20180715131651j:plain

どうも、バーチャルブロガーのぼーる丸です。

(※今回は熱く語りすぎて長いです。約8,000文字)

(※商品宣伝じゃなくて自己満足のために書いた記事です!買うなら自己責任!)

クリエイターにとってひらめきは重要

クリエイターは作品を作っていくために、常に発案し続ける必要があります。

 

そのためには『ひらめき』が必要不可欠!

 

あなたは、こういった経験をされたことはありませんか?

 

「なんだか知らないけどアイデアが降ってきた」

「直感でこうしてみたら、何故だか上手くいった」

 

そういった感覚を『ひらめき』と呼びます。

 

もし、その『ひらめき』多く呼び起こすことができるとしたら…?

発明するには『ひらめき』が必要?

私はあるとき思いました。

「ヒット作を生み出すには、もしかしたら『ひらめき』が必要不可欠なのでは?」

 

発明王と謳われていたトーマス・エジソンも、こういった名言を残しています。

「天才とは1%のひらめきと99%の努力である」

この名言は『努力の賜物』みたいな解釈をされたらしいのですが、

エジソンはそれを否定しています。

「私は1%のひらめきがなければ99%の努力は無駄になると言ったのだ。なのに世間は勝手に美談に仕立て上げ、私を努力の人と美化し、努力の重要性だけを成功の秘訣と勘違いさせている」

と話したため、記者が訪ねたところ

「生まれたばかりの赤ちゃんの頭脳にはリトルピープル(地球外生物)が住みやすい構造になっている。このリトルピープルが人間をコントロールしているのだが、大人になるとこの声が聞こえなくなるのだ。しかし、この1%のひらめき(リトルピープルの教え)を感じとることができれば、99パーセントの無駄な努力をしなくとも大丈夫なのさ。」

といった天才にしかわからないような回答が返ってきたみたいです。

リトルピープルってなんやねん!?

 

(下記記事から引用しました)

news-act.com

新しいものは天才にしか作れない?

正直、エジソンが言っていることはなんとなくわかります。

 

私は10年ほどゲーマーをしていた時期があったのですが、

天才ゲーマーが『10年先を進んでいる戦術』を編み出すところを

この目でよく見てきました。

 

そして凡人ゲーマー達がその戦術を真似しはじめ、

やっと10年ほど経って標準化するというパターンが多かったのです。

 

まるで天才しか新しいものを作れなくて、

凡人は後追いすることしかできないように見える構図です。

 

そして私はDTM、イラスト、プログラミング、動画と

様々な業界を見てきたのですが、

この現象はどの業界でも共通して起こっていました。

私は後天的天才を目指しています

そういったものを見てきた私は、こういった仮説を立てました。

  • 『ひらめき』から始まった案でないと大ヒット作は作れない
  • 天才とは『ひらめき』を多く出せる人

 

そこで私はこういった疑問が湧きました。

天才ってどうやってひらめいてるんだろう?

 

私はその疑問を解くため、

ネットや書籍から『天才』や『ひらめき』の情報をかき集めたり

自分自身の『ひらめき』を観察することに徹しています。

 

個人的な研究の成果もあって、

『ひらめき』がどういうものであるか明確に定義することができて

『ひらめき』と『普通の思考』を見分けられるようになったり

 

まだ完全にではないですが、

『ひらめき』を発動させるための条件もわかってきました。

 

研究を進めていくにつれ、

「もしかしたらコツさえ掴めば後天的天才になれるのでは!?」

ような気がしてきています。

 

ただ『ひらめき』の特徴については、この記事ではまだ書きません!

そのうち当ブログで書こうと思いますので、ご期待ください!

脳波が7.83Hzになるとひらめきやすくなる?

そういった個人的な研究をしている最中、

最近こういった書籍を見つけました。

『ヒラメキ・天才・アイデア・最高パフォーマンス 奇跡の《地球共鳴波動7.8Hz》のすべて』

商品の紹介を見てみましょう。

これまで、身体能力の高いメダリスト、スポーツ選手や、
頭脳脳力の高い記憶力の世界記録保持者、
永世棋聖などの脳波を40年以上研究し、
「能力を発揮している人は10Hz前後の脳波で活動している」
ことを発見した志賀博士。

これにより、医学界の定説だったアルファ波の定義をあらたに構築、
その業績は世界的にも認められ、能力開発分野で大きく展開されてきました。

そんな志賀博士が秘密裏に進めていた、もうひとつの研究。
それが、科学では証明できない
「超能力」を発揮する人々の脳波の研究でした。

実測を重ねて見えてきたのは、
人が超能力を発揮しているときにあらわれる
脳波「7.8Hz」。

ほえ~(興味津々)

ひらめきというと、『スピリチュアル』的な書籍が大半だったりします。

ですが、これは科学視点から書かれている書籍です。

 

上の文章で注目すべき箇所は

  • 「能力を発揮している人は10Hz前後の脳波で活動している」
  • 人が超能力を発揮しているときにあらわれる脳波「7.8Hz」

と、明確なデータが書かれているところですね。

 

「これは、何か掴めるものがあるのでは!?」

私はそう思いました。

 

紹介を読み進めていきましょう。

脳波7.8Hzを示した超能力者たちが
発揮していた超能力を挙げると・・・

・歌うと、鳥やクジラなどが寄って来る
・(脳波7.8Hz状態の声を聞いた人が)感情なしに自然に涙が出る
・不食で活動する
・鍼灸、気功などで治癒が起こる
・自然治癒力が発揮され病気等の改善が起こる
・空中からの物質化が起こる
・占い等で、過去などの情報を次々と言い当てる
・自動書記などで情報がおりてくる…などなど。

さらに、データが集まりだした後に、
地球自体の周波数が7.83Hz(シューマン共振波)
実測されていることを知った著者は、

脳波と地球が7.8Hzで共振・共鳴することで
超能力が起こってくるのでは?という
斬新な仮説を展開します。

ほう(前のめり)

超能力者が超能力を使っている最中に脳波を測ったようです。

 

そして、7.8Hzを調査している間に

著者が『7.83Hz(シューマン共振波)』というものを知ったそうです。

 

シューマン共振 - Wikipedia

 

はじめから7.83Hzを知っていたら『こじつけ』なんですが

これは、超能力者の脳波に7.8Hzが多く見られるのを確認したあと

偶然シューマン共振波と一致する周波数と判明したとのことなので

結構信憑性の高い情報なのではないかと思われます!

(始めたての頃は10Hzを推してたので、7.8Hzガン無視していたのこと)

 

そんな感じであまりにも面白そうな内容だったので、

私は購入して一気読みしてしまいました。

 

まるで超能力者のバーゲンセールみたいな本で面白いですよ!

しかも、この書籍の発売日は『2018/4/4』とつい最近です。

 

本当に超能力者は居るのか?と疑問を持つ人でも、

この本にはご存命の超能力者の名前が載っているので

会おうと思えば会いにいけます。

 

ちなみに著者は癌も担ったことがあるとのことですが、

超能力者に癌を治してもらったそうです。

(最終的には手術により癌を摘出したのですが、癌が壊死していたとのこと)

超能力に興味がある人でも買って損は無いよ!

ひらめきの7.8Hzは自然に訪れている

上記の書籍から一部引用させていただきます。

ひらめきの7.8Hzは自然に訪れている

 

私たちは一日のうちに必ず7.8Hzの脳波状態を体験しているということになりますが、

そのときに、気づきのより鋭い方は

「そうだ、これからこういうことをしよう」

など、自分のやろうとすることに対する気づき、アイデア、解決策が、

ひらめきとして出てきます。

 

振り返ってみると、私が半導体の仕事をやっていた頃は、

やたらアイデアが出て特許も随分取ることができたのですが、

じゃあそのアイデアはどこで出るのかというと、

寝床が一番多かったのです。

 

それから、お風呂の中でも結構アイデアが出ました。

 

つまり、お風呂に入ってぼ~っとしているとき、

あるいは、遠くの景色を眺めている、

雲や星を眺めている、

そういうときにも、ほぼ7.8Hzに近い状態になるということです。

どうやら、脳波が7.8Hzになるとひらめきやすくなるみたいですね。

 

そしてこの文章から読み取れるのは、

『何も考えていないときにひらめきが起こる』

 

ということです。

『ひらめき』はう~んと考えて出るものではないというわけですね。

 

一般的な発想は、

『思考する→案が思いつく』

というロジックを通るのですが

 

ひらめきは

『何も考えてなかったり、別のことをしていると解決策が降ってくる』

という感覚なのです。

 

瞑想をすると、ひらめきやすくなるとも言われています。

ちなみに、瞑想でも脳波を7.8Hzに近づけることができるそうです。

訓練を積めばひらめきやすくなるかもね!

 7.83Hzを発生させる『シューマン共振発生機』との出会い

さて、7.83Hzの魅力を紹介したところで

やっと本題です。

 

私はとある理由で、

オカルト系商品が販売されているネットショップを眺めていました。

 

そんなとき、こんな商品を見つけたのです。

www.porto-healing.com

電磁波・ジオパシックストレス対策・空間のエネルギーアップに!

有効範囲周囲約5〜8m 一部屋分以上をカバー!

なんだこれ?よくわからない製品だな…

そして読み進めていくと…

【3】お部屋のエネルギーアップ・イヤシロチ化

ヘリオス3はシューマンレゾナンス7.83hzの周波数を発振します。
この周波数は、地球上の生命にとって最も理想的な周波数と言われます。
気持ちが落ち着き、体調がよくなり、意識が最適化することで、様々な好転現象が起きていきます。開運・幸運・金運・結婚運・子宝、、、、そういった良い人生の流れの科学的な理由が場のエネルギーの高さなのです。
ヘリオス3は快適で楽しい生活を作り出す強力なサポーターです。

ん…7.83Hz…?なんだか見覚えのある周波数だ…

 

そのとき、先ほど紹介した本を思い出します。

(このときはまだ本の内容を読んでいなかった)

あっ、あの本にも確か周波数みたいなのが書かれていたような 

そして確認してみると

『7.8Hz』の文字が!

 

よくよく見てみると、

本の紹介にも『7.83Hz(シューマン共振波)』と書かれており

まさかの完全一致!

 

運命を感じた私は、

これは買うしかねえ!

7.8Hz本を読んでいないのに購入を決めてしまいました。

もっと安価な商品を見つける

といっても、そんなサクっと買える商品でもありませんでした。

ヘリオス3の値段はなんと、『42,000円』

アホみたいに高い!!!

 

そんなわけで、私は自身が編み出した『レビューわらしべ長者』という

商品厳選法で自分にとって一番良い商品をネットの海へ探しに行きました。

www.ballmaru.com

 

そして辿り着いたのがこちら!

VOICEグッズ "シューマン共振発生器"

 

こちらは『28,800円』

これくらいなら手が出せそうな値段…!

 

そして、ヘリオス3よりも色々とこだわってる部分がある感じで

かなり興味をそそりました。

(コイルにパワーストーンを入れることができるとか、単純に面白い)

 

しかも別の意味で関心してしまったのですが、

商品紹介ページがめちゃくちゃ作り込まれていて

やべえ、これは買いたくなるわ

と思ってしまいました。

 

そして、商品紹介ページによく書かれている

本当に使用者が書いたのかよくわからないような『体験談』の中に

「インスピレーションやヒラメキ、次に何をすべきかが完璧にわかるようになりました」(男性)

◆これが最も効果があったのかも知れないが、ヒラメキが多くなった。アイデアがどんどん出てくるのだ。シューマン共振器のDC化やウエストバッグに入れたり、そのバッグのベルトの処理にこれまでずっと困っていたのに、その解決策がすぐにひらめいてすぐに処理できたことも。ふと寄った靴屋で安くて気に入ったサンダルがあって買ったら、その日は更に5%引きだったり。

と書かれていました。

読みどおりだ…

 

私はうかれました。

 

脳波の周波数が『7.83Hz』になるとひらめくならば…

部屋中の周波数を『7.83Hz』にすればひらめきまくれる!!!

 

私も部屋に居る間は天才になれるぞ~~~!

 

という経緯で、

この商品の購入を決めたというわけです。

疲れた…やっとレビューに入れる…

これがシューマン共振発生器だ!!!

さて、シューマン共振発生器の全容を見ていきましょう。

外観

f:id:ballmaru:20180715131651j:image

なかなかオサレな箱ですね。

バリ島で作られた箱なのだとか。

中身

f:id:ballmaru:20180715131939j:image

中には基盤とコイルらしきものが入っています。

f:id:ballmaru:20180715132022j:image

コイルのアップです。

f:id:ballmaru:20180715132049j:image

基盤のアップです。

付属品

f:id:ballmaru:20180715132139j:image

電源ケーブルです。

f:id:ballmaru:20180715132209j:image

パワーストーンです。

 

三種類入っています。

ローズクォーツ:温かな愛のパワーをお部屋にもたらします。
オニキス:力強いエネルギーは、自身を守護し、人生を安定した方向に導きます。
アラゴナイト:やわらかなエネルギーは疲れを癒して感情の起伏を抑え心が安定します。

 

何故パワーストーンがついているかというと

コイルの中にパワーストーンを入れると

共鳴する仕組みだからだそうです。

f:id:ballmaru:20180715132347j:image

いざ、スイッチON

電源ケーブルを繋げ、

ワクワクしながらスイッチをONにしたところ

蓋を開けないとONなのかOFFなのかわからない作りになっていました。

f:id:ballmaru:20180715132638j:image

ONの場合、基盤のライトがピカピカひかります。

しかしせめて、外側からもわかるようにしてほしかったです。

つけてみた感想

つけてみた感想ですが、

正直、ONとOFFを切り替える瞬間は違いが全然わかりません。

 

ただ、意識して感じてみて下記のことがわかりました。

  • たまに頭が痛くなる
  • 少し眠くなる
  • 多少はひらめく頻度が増えた気がする
  • ヘッドホンの音質が良くなった気がする
  • 液タブの描き心地に違和感を感じる

たまに頭が痛くなる

これは明確にわかりました。

なんだか頭が痛くなります。

 

最初気のせいかな~っと思っていたのですが、

電源をOFFにしてみると頭の痛みが止むのです。

 

類似商品のレビューにもいくつか頭が痛くなると書いてあったので

本当に安全なのか…?と少し不安になってしまいますね…

 

そういえば、7.8Hz本にはこんなことも書かれていました。

不自然な刺激は脳が混乱する

 

このように、自らが7.8Hzと共鳴していく瞑想法や思考法をご紹介するのは、

私自身が、自然な範囲でアルファ波になるような方法が良いと思っているからです。

 

ところが、脳波は機械を使ってアルファ波にすることもできると主張する人もいます。

実は、私もアルファ波があまり出なかったときに、

機器を使用して効果を試みていたのですが、

体の調子が悪くなるようです。

 

これはなぜだろう?と考えてみると

「自然と違う刺激を与えていること」

が考えられます。

※ちなみにシューマン共振発生器を買ったのは、本を読む前です。

しっかり読んでから買うべきだったな…

もしかしたら体質に合わない人も居るかもしれないので、

購入を検討している方はよく考えてから買いましょうね!

少し眠くなる

スイッチをONにすると、なんだかぼや~っとした気分になります。

 

これは狙い通りの効果で、

このぼや~っとした感覚のことを『トランス状態(変性意識状態)』と言います。

眠りに入る直前のような感覚ですね。

 

関連記事:

www.toritemi.com

 

この『トランス状態』がひらめきを生み出しやすくします。

 

ぼや~っとした感覚が7.83Hzに近づいているということなので

これはまあ副作用ということで、仕方ないですね~

多少はひらめく頻度が増えた気がする

多少はひらめきやすくというか、

何か行動を起こす前により良い方法に気づくことが多くなった気がします。

 

これについてはまだ買って間もないため、

しばらく使ってみて追って報告します。

 

私は前述した通り

『ひらめき』と『普通の思考』の見極めがつけられるので

一応ひらめきが増えたかどうかは判断できる…はず!

ヘッドホンの音質が良くなった気がする

これも密かに期待していました。

 

販売ページにこんなことも書かれていたのです。

◆オーディオ機器の音の臨場感が劇的にかわる

 

実は、この『シューマン共振波』というのは

過去にオーディオ界隈でも話題になっていたみたいです。

 

オーディオマニア御用達の『ACOUSTIC REVIVE』からも

『RR777』という名のシューマン共振発生器が販売されています。

レビューも結構寄せられていますが、賛否両論って感じみたいですね。

やはり、使っている人の感覚に左右されると言えます。

 

そして、これはスピーカー環境だけでなく

ヘッドホン環境でも効果があると言っている方も居るのです!

ヘッドホン環境なのでそこまではないかなと思いつつ、期待しながら、RR-777をONにすると・・・。

絶句。言の葉が見つからない、そして大いなる疑問。

結果は、イメージ的に分かりやすく言うと、SACDになっていました。
音が分厚く、濃くなり、音の情報量が大きく向上した感じに聴こえます。重音や倍音など弦の響きはすばらしく、その生々しさは特筆に値します。
もちろん録音はCDとしてはとても優秀なのですが、RR-777をONの状態を1度聴いてしまうと、RR-777OFFは音が細いというかカットされている感じで、音や響きの情報量が少なく薄く、かなり落胆します。

引用:ACOUSTIC REVIVE - フォーラム

SACD:Super Audio CDのこと?

 

私のオーディオ環境もそこそこお金がかかっているので

少し変化を感じました。

 

音がハッキリ聴こえるようになり、音の情報量が向上したので

音の聞き分けがしやすくなったように感じます。

 

おそらくこれは、

『シューマン共振発生器』による電磁波無害化の効果だと思われます。

 

電子機器同士で結構ノイズを与えあっているみたいだからね。

液タブの描き心地に違和感を感じる

液タブの描き心地に違和感を感じました。

 

なんだか、ペンが滑らないのです。

 

影響を与えているのが

ペンなのか、液タブなのか、私自身なのかはわかりませんが

線を描くときに抵抗感を感じます。

 

まあ、液タブは滑りやすいので

抵抗が増すとどちらかと描きやすくなってありがたいのですが、

少し慣れが必要ですね。

 

これも微妙な感覚なので、

もうちょっと観察していきたいところですね。

ちなみに自作もできる

ちなみに、『シューマン共振発生器』は

1/10以下くらいの料金で自作できるそうです。

 

私はそういった技術が無いので高いお金を払わざるを得なかったのですが

機械に強い方は一度作ってみてはいかがでしょうか!

 

ググると作り方が結構出てきます。

PICで作る調整不要なシューマン共振発生器の自作 | いじって楽しむブログ

シューマン共振の作り方 - yuki_log

おわりに

たまにはこういうオカルト商品を買ってみるのも面白いですね。

こういった商品は無駄に高いので、気軽に買えないのが欠点ですが… 

 

もうしばらく使ってみて感想を追記していこうかと思います。

 

買うなら自己責任で買ってね!